Better Call Saul (ベター・コール・ソウル)シーズン3 第7話 やり繰り

Better Call Saul S3
05 /24 2017
Jimmyがダークサイドに堕ちていく...Belizeへ旅立たせることを厭わないSaul Goodmanに近づいてきました(゚д゚)

【ネタバレ感想】

なぜMikeはDanny/Pryceを助けようと翻意したのか?
教会で出会った女性、Anitaの「夫に何が起きたのか全く分からない状況が余計辛い」という発言があったからでしょう。
Danny、あるいはNachoがカルテルによって殺され、砂漠に埋められたら、Anitaと同様に彼らの家族が嘆き悲しむことになるとMikeは考えたのだと思います。
この場面が悲しいのは、Mike自身がAnitaの夫と同じ運命を辿ると私達は知っているから...( ノД`)

会話の最後、MikeはNachoに何を聞こうとしていたのか?
Anitaの消息不明の夫について聞いたのかしら? この夫はSalamancaギャングの被害者?
うーん、でも8年前の事件だからなぁ。

それとも、Hectorが殺害した"good samaritan"(例のトラックの運転者を助けた一般人)の情報を求めたのかしら?
たとえ殺されていたとしても、何らかの形でMikeを通して情報が伝えられれば、家族は死者にお別れができ、心の安定が得られますよねー。

Jimmyはどの時点から保険会社を使ってChuckを陥れようとしていたのか?
少なくとも保険会社の女性に会う前から腹を決めていたと思います。
証券番号を忘れたふりをして、女性にパソコンで苗字を検索させ、Charlesという兄の存在に気付かせていますから。
保険料の返金は事務所に出向くための口実でしょう。

Jimmyのもたらした情報によりChuckに何が起きるのか?
malpractice insurance 専門職過失責任保険◆医師や弁護士などの専門家を対象とする過失責任保険にChuckは加入しています。

まず保険会社が調査を始め、聴聞会の記録を読むことでしょう。
そこで、Chuckが弁護士として働くのは過失のリスクが高すぎると考え、保険料の大幅な値上げ、もしくはそもそも不適任とみなされ、保険は無効とされるのではないでしょうか?
また、HHMは共同経営会社なので、経営者の1人のChuckの医療問題が社員全員の保険引受リスクに影響を与えるかもしれないです。

調べてみたところ、ニューメキシコ州での専門職過失責任保険加入は、弁護士として働くための必要条件ではなさそうですが、未加入は法律実務を行うにあたって、マズイ状況になりそう。
だって普通に考えて、顧客の立場からしても、未加入の弁護士に頼みに行くのって怖くないですか?

そもそもChuckの病気を保険会社に報告していないという事実自体が、不正行為と捉えられ、HHMの社員全員の保険解約の危機にも繋がるかと。Chuckの "THE LAW IS SACRED!"がブーメランとなって返ってきそう。

最終的には、弁護士会によるChuckの弁護士資格はく奪に向かっていく予感がします。

これ以上のリベンジはあまり考えたくはありませんが、Mesa Verde が、「精神を病んでいるChuckが個人宅に重要書類を置き仕事をしたことにより、ミスは起きた」とChuckを訴えることもできるかと。
保険を失ったChuckを相手取り、Jimmyが訴訟を起こし勝訴した場合、Chuckからたんまり賠償金を受け取れますねー。

うーん、KimはJimmyの本性に引いていきそうで悲しいです。

Chicago sunroofの件は問題となるのか?
Chuckは弁護士と依頼者間の秘匿特権によって守られるべき内容を聴聞会で公開しちゃいましたよね?

【可笑しかったセリフ】
Keep the change.
A dollar? Yeah.
We can make it zero.
関連記事

「マスター・オブ・ゼロ」(Master of None) Season2観ました♪

Netflix
05 /21 2017
Netflixで視聴しました。
Metacriticで91/100と素晴らしい評価を受けていますよ~。エミー賞狙えるんじゃない?とネットで評判の作品です。

まず美味しそうな料理が次から次へと出てきて、お腹が空いてきます(笑)
そして猛烈にイタリア、NYへ旅行に行きたくなります。
クスクス笑えるコメディなのに、人種・宗教・障碍者・LGBT問題についても考えさせられ、尚且つ甘酸っぱいロマンスで胸キュンするという不思議な魅力を持った作品ですねー。
音楽も映像も最高なので、インディペンデント系の映画がお好きな方は、はまるんじゃないかしらー。

Aziz AnsariとAlan Yangがクリエイター。
Aziz Ansari演じる30代のDevが主人公です。
Season2はDevがイタリアのModenaでパスタ職人の見習いをしているところからスタート。

【ネタバレ感想】
第1話 The Thief
白黒の画面?と思っていましたが、これは、映画「自転車泥棒」(The Bicycle Thief)のオマージュなんですねー。

現代らしくドラマでは、自転車の代わりに、スマホが盗まれます。
写真を取り戻すことに躍起になる子供のMarioがいいキャラ(笑)
左が「自転車泥棒」、右がこのエピソードの画像です↓
Bicycle-Thieves-Master-of-None1.jpg
落ち着いて考えてみれば、Saraと食事をしたレストランHosteria Giustiに問い合わせれば、彼女の滞在先は判明したかも..と思いますが、それじゃ物語として面白くないw

第2話 Le Nozze
Arnold大好きです。彼とDevが並んで歩いているだけで身長差があって可笑しい。
二人が食事をしたOsteria Francescanaは、ミシュランの三ツ星レストランなんですねー。
2016年世界ランキング1位なのだとか。庶民の私にはどんな味なのか想像もつかない...けど美味しそう♪

面白いのはAzizのクルーが近所で撮影していることを聞きつけ、シェフのMassimo Bottura自身から連絡があったという裏話。
‘No, tomorrow you are coming in for lunch in the private room. You are going to eat the full thing, drink real prosecco, drink real wine and we’ll shoot it.’ We were like, ‘Holy shit, this is our lives right now?’ So in the scene our expressions are real, we’re freaking out. It’s one of the greatest meals of my life that we happened to capture on film.”
「明日ランチに来て!」と連絡があり、「マジですか!?」と盛り上がったとか。
だから食事中、二人が興奮している様子は演技でないそうヽ(´∀`)ノ
余談ですが、Netflixの「Chef's Table」にも、このレストランのシェフMassimo Botturaは登場しますよ。

それから、狭い路地で壁と壁に車が挟まれて身動きできなくなる事件、実際にAzizが体験したのだそうw

<気に入ったセリフ>
Sometimes you meet people for a reason. Sometimes you meet 'em for a season.
<可笑しかったセリフ>
He looks exactly like me. There's definitely a strong resemblance.

第3話 Religion
Navid(本名:Harris)は、Azizの本当の従兄弟です。
Azizの両親が両親役を演じている(探したけれどもピッタリの俳優が見つからなかったw)のは知っていましたが、従兄弟まで登場とは...(^^)

第4話 First Date
インドでは「Yes」っていう時に首を横に振るんですね。知らなかった。

第5話 The Dinner Party
Jabbawockeezという謎のマスクダンサー、架空かと思ったら実在していました。
Francescaと訪れたBrooklyn Museumの格子縞の床、素敵でしたねー↓
brooklyn_museum_tile_floor.jpg
そして、Francescaを送り届けた後のDevのタクシーでの表情!
セリフがないにもかかわらず、彼の気持ちが手に取るように分かり悶々とした気持ちに....( ノД`)

第6話 New York, I Love You
同名の2009年の映画「ニューヨーク、アイラブユー」(New York, I Love You)とフォーマットが同じです。
繋ぎカットの撮影を行い短編同士をシンクロさせ、群像劇に仕上げられています。


中でも Mayaという名の聴覚障碍者の女性のストーリーの見せ方が秀逸。
8分間音楽、音声が全てサイレントに。私は自分のヘッドホンがバッテリー切れを起こしたのかと思い確認しちゃいました(笑)
Mayaから見た世界を体験させるという斬新な手法なんですねー。
そして、聴覚障碍者だからといって、聖人君子でも何でもなく普通にお店でsex talkをする...このリアルさがAzizの作品の魅力です。更にオチがあって手話を理解する子供たちが、Mayaの使用した"vagina"を手話で真似るという...w

ラストが分かっていても、Nicolas Cage、 Emma Watson そしてTyrese Gibsonが出演する映画「Death Castle」観てみたいなぁ(笑)

第7話 Door #3 
Coco vs. Kimchi のストーリーでしたw

第8話 Thanksgiving
Dev と Deniseのバックストーリーが見られましたね。二人の友情、素敵です。

<可笑しかったセリフ>
Denise, how the hell you know what a franchise is but you don't know Dev ain't black?
<胸に迫ったセリフ>
I just I don't want life to be hard for you. It is hard enough being a black woman in this world.
Now you want to add something else to that?

第9話 Amarsi Un Po
この回は胸が苦しくて張り裂けそうでした。
Storm King Art Centerのシーン綺麗でしたねー。紅葉の季節に訪れてみたい♪

Pinoは別に悪い人じゃないんですよねー。
ワーカホリックで Francesca との結婚を当然と考えていて、彼女に対する細かい気遣いが足らないってくらいしか欠点はなさそう。DevもFrancescaを横取りしようなんて考えは毛頭なくて、友情がいつの間にか違う感情に変わってしまった感じ。

<可笑しかったセリフ>
Hey, guys, just so you know, I can hear everything you're saying, and it sounds like you're having a fairly intimate conversation. Just let me know if you'd like to switch over to a private channel.

第10話 Buona Notte
この回で出てきたラーメン屋さんは、ニューヨーク・ブルックリン発の「YUJI RAMEN(ゆうじラーメン)」だそう。
新横浜ラーメン博物館にも出店してます。

私はずっとDevとFrancescaが結ばれたらいいなぁ~とドキドキしながら観ていました。
でもFrancescaがいざNYに移住するとなると、婚約者のPino、故郷、祖母、Modenaのお店、その全てから去る決断が必要になります。うーん失うものが大きすぎます(>_<;)

ラストのふたりのベッドシーンのショットは何を指すのかしら?
9話の雪の日のシーンに似ていますが、ふたりの服装も違い、Francescaは婚約指輪をしていません。
じゃあハッピーエンドなのかというと、Francescaが浮かない表情をしているのが気になります。
“I kind of wanted to leave it ambiguous and leave it open to people’s interpretation”とAzizがインタビューで答えているので「わざと曖昧な結末にしました。視聴者に解釈は委ねますよ~」ということなのでしょう。

Season3が早く見たいのですが、“I don’t know if we’re going to do a Season 3” “I wouldn’t be surprised if I needed a looonng break before I could come back to it.” とAzizが答えています。
残念ながら「Season3は作られるかどうか分からない。作られるとしてもかなり先の話になりそう」と覚悟しないとダメですねー。

個人的には、Season3があるとしたら、第1話のSaraをNYに登場させてほしいなぁ~(^^)

【英語の聞き取りやすさ】
原語のみ字幕なしでの英語理解度は75%くらいでした。
関連記事

「ベイツ・モーテル」(Bates Motel) Season1&2 観ました♪

Netflix
05 /18 2017
ヒッチコック監督のサスペンス「サイコ(Psycho)」の前日譚Bates MotelをNetflixで観ました。アメリカでは全5シーズン、50回が放送されてシリーズは完結してます。

IMDbで8.2と高評価で、しかもシーズンを重ねるごとに評価も上がっているようなので、まず第1話を視聴。
期待以上に面白い!  あっという間にSeason1&2 全20話をイッキ見してしまいました。

【あらすじ】
舞台を現代のオレゴン州架空の町 White Pine Bay に設定し、母親を愛し続けたNormanが殺人鬼に転じるまでを描いたサスペンスドラマです。

【感想】
とにかく事件が次から次へと起こるので、全く飽きません。
そんでもって警察の捜査がやや杜撰なので、展開の早い事。あれ? 指紋は? アリバイは?と疑問は残るものの、勢いで次に進んでいきます(笑)
「LOST」を手掛けたクリエイターCarlton Cuseが製作総指揮を務めたと聞いて納得。引っ張り方がお上手!
あ、謎は回収されるので、安心してください(笑)
「LOST」と言えば、Richard Alpert を演じたNester Carbonellも保安官として登場します。

ミステリ好きの方は楽しめると思いますよー。そして子育て経験のある方には、意外にも心に刺さる場面があるんじゃないかしら。
シーズン2ラストには大きなクリフハンガーもなく、綺麗に纏まっており、前日譚としてこれで終わりでも問題ない構成となってます。

【ネタバレ感想】
ミステリを楽しむ目的で見始めましたが、途中からVera Farmiga演じるNormaに感情移入。
さすがエミーの主演女優賞にノミネートされているだけあって上手いですねー。

Normaは実の兄から性的暴力を振るわれ、Dylanを出産。その事実を隠すために高校のボーイフレンドと結婚するも離婚。
2度目の結婚でも夫から暴力を振るわれ...とホントつくづく運の無い人生なんです。
自分を守るために息子のNormanが夫を殺害したとしたら、どうしますか?
Normaは事故にみせかけ保険金をゲット。新天地でモーテル経営を始めた彼女に対して、非常に同情的なスタンスでドラマは進行します。

シーズン2の最終話はうるっときました。
Normanは女教師Blair Watsonを殺害した事実を思い出し、そんな自分に絶望。
”I don't want to be who I am”と自殺を計画。
自殺決行前日の夜、母のNormaをダンスに誘うシーンがいいんです。胸が苦しくなりました。
解離性同一性障害(dissociative identity disorder)という病気が問題なのであって、普段のNormanは礼儀正しく真面目な高校生なだけに、何ともやるせない気持ちになります。

翌日、森で自殺をしようとするNormanと引き留めようとするNormaの会話は印象的です。
Norma:I will die if you leave.We're like the same person.
If you kill yourself, I'll be there one step after. We have to be together.
We're supposed to be together. No matter what, I will be with you every step.
I will be right by your side, and we will face this together.

Norman:All right, mother.You win.

恋人同士のように抱き合ったり、唇にキスをしたりして、気持ちの悪い母/息子と捉えることもできます。
でも精神病院送りにしたくない母の気持ちも分からなくはないかなー。
障害があるからこそ守らなくちゃという使命感にNormaは燃えちゃってます。

結局、ラストのポリグラフテストでは、母のNormaが彼の心の中に現れ、自分が教師を殺したと囁きます。
”Did you kill Blaire Watson?”の質問に対しては、2つの人格の一人Norman自身は無実だと思っているので、Noと答えてもテストはパス出来ちゃうわけですよねー。

【シーズン3以降の予想】

・Dylanは麻薬密売組織のボスになりそう。だけど彼って有能だけど、根がいい人だから困難が待ち受けている予感。Sheriff Romeroがずっと陰で支えてくれたらいいんだけど。
・DylanとNormaの和解シーン、良かったですよね。特にNormaのセリフにはジーンときました。
”I wouldn't trade it for anything because you're here now and you're beautiful and you're a miracle that someone like you could come out of all that. And I wouldn't give you up for anything.”このまま良好な母・息子の関係が続きますようにー。
・Emmaはモーテルに残ってくれますよねー。
・バイパス計画はどうなる?
・RomeroってNormaに気がありますよね? 二人が接近してNormanが嫉妬したら怖い..。

【トリビア】
・Bates Motelのwifi password は MOTHER (笑)
・シリーズの脚本を担当しているBill Balas はEmma と同じcystic fibrosis(嚢胞性線維症)を患っている。

【英語の聞き取りやすさ】
原語のみ字幕なしでの英語理解度は85%くらいでした。
関連記事

Better Call Saul (ベター・コール・ソウル)シーズン3 第6話 別の名前で

Better Call Saul S3
05 /17 2017
沢山のキャラがそれぞれ動きだし駒が1つずつ進んだ回でしたねー。

【ネタバレ感想】

Krazy 8の言っていたnew kidとは?
・"one of my guys new kid got spooked by a cruiser and ran. Dumped his stash in the gutter"のnew kidってJesse
Jesseはまだ学生でタイムライン的には合わないかしら?
※Krazy 8は最終的にDEAへの情報提供者となりますが、今はまだ違う?
※昨日気づきましたが、Krazy 8はTampico furnitureのTシャツ着てます(^^)

トラックの床下に隠されていたのは?
methではなく、cocaineのようでしたね。Chili powderの中に隠されていたのが可笑しい。
やっぱりJesse出てくるのかなー?

Mikeが手伝うことになりそうなplaygroundとは?
・BBでMikeが最後に孫娘Kayleeを見ることになるあのplaygroundになったりして...。
・それともセメント作業(死体を埋めるとか(゚д゚)に何か意味があるのかなぁ。

Nachoは薬のカプセルをどう利用するのか?
・中味を別のものにすり替え、Hectorの発作が止まらない状況を作り上げそう。
・Nachoは既にGusの手下でスパイ説もあります。
S2でMikeがHectorをライフルで狙っていた時、Nachoは不自然なほどHectorの前に立ちはだかっていましたから。
・Saul はBBで、 "It wasn't me, it was Ignacio!" という発言をしています。
Ignacio=Nachoなので、このHectorを不随に追いやる事件にはJimmyも関係してそうですよねー。

Howardは、DUI(飲酒運転)で捕まるのでしょうか?
運転できるのかと意味深な会話がありました。

Tucoは刑務所で誰かを刺した件
HankがBBでもTucoがメキシコ人を刺したと言っていました。同じ事件を指しているっぽいです。

Chuckの夜のアドベンチャーは何を表しているのか?
Chuckは電池を握り、自分がどれだけ電磁波に耐えられるかを試しているようでした。
入院を勧めたDr Cruzに電話しているところからして、本気で病気を治そうとしているよう。
ロッキーのように鍛え上げ、フルにリカバーしJimmyにリベンジするつもりでしょうか。
※個人的に、ロッキーの音楽に合わせ、スペースブランケットを脱ぎ、階段に置かれた電気製品を触って鍛えていくChuckのmontage sceneは見てみたい!
※Baked Potato Chuckとネットで揶揄されていて笑ってしまいました。
確かにあのスペースブランケット姿はアルミ箔に包まれたポテトが歩いているかのよう(^^)

Lydia、クリーニング工場が登場
Galeも期待できるかも♪

Jimmyはどの店のCMをあの映像班に作らせるのか?
・候補1 Tampico furniture Krazy 8の父親の家具屋ですね。
BBでWaltがWalt Jrのベビーベッドを購入した時から流れていたというので、タイムライン的に合わないかしら?
・候補2 BogdanのCar Wash
・候補3 Lazer tag facility ここでDannyが出てきてマネーロンダリングが始まったら面白いですねー。

Saul Goodmanのgenesisが明らかに
兄弟の反目の末、Jimmyの苦渋の決断かと予想してましたが、見事に外れました。
っていうかこの起源の方がずっとJimmyらしい。

・このCM、Mr. Showに雰囲気が似ているとネットで話題になってます。
Vince Gilliganに似せた説も。
・良く見たら、Saulって、音声係のベスト、カメラマンの帽子、メイクアップの女の子のサングラスを身に着けてません?

見終った後のKimの何とも言えない表情が最高です。
このままTVプロデューサーとして成功し、事務所のリース代、Francescaの給料も払えそう。
関連記事

Better Call Saul (ベター・コール・ソウル)シーズン3 第5話 まやかし

Better Call Saul S3
05 /09 2017
slow-burn ドラマと長い間言われていましたが、今回のような神回の為にずっとbuild upされていたのですねー。兄弟の確執はもはや文学作品の極みまで達しているように感じました。

【ネタバレ感想】
電気代を滞納している家とChuckの家の住所の数字
それぞれ512番と215番。Chuckは嘘をついて滞納者のせいで電気が落ちたとRebeccaに説明。
ChuckのしたことってJimmyの銀行の支店の住所書き替えとそっくり。
っていうかJimmyのアイデアはここから来ている?
RebeccaについたChuckの嘘が回り回って、最終的にChuck自身を破滅に導くという素晴らしい脚本に唸ります。
your actions have consequencesと言ったChuckの言葉通りです。

ラストのモノローグが素晴らしい
Michael McKean、エミー賞いけちゃうんじゃないかしら?
狂ったように話し出してからChuckが我に返る→皆がショックを受けてシーン→最後のEXITサインのシークエンスが最高です。
Chuckのキャリアの終わりを感じさせる赤いランプがじぃーとパーフェクトにドラマを締めくくってますね。

Huellがここで登場とは!
リシン入りタバコ、マリファナを抜いたり、バッテリーを入れたりとプロの仕事♪
have a light touch 手際が良い、手先が器用である という熟語を学びました。
獣医のYou gotta fit him in a tight space?という質問でHuellの出番と、勘のいい視聴者は気付いたそう。

肺がん(lung cancer)という単語がさりげなく出てくる(笑)
"if you'd had, um I don't know lung cancer, would you have told Rebecca then?"
BBファンサービスが嬉しい(^^)

弟を陥れるために病気を利用して芝居した兄 VS 兄の病気を心から心配し自分がやったと嘘をつく弟
この決着はもうつきましたね。住所の番地改ざんもChuckの妄想と皆が思うでしょう。
Jimmyは勝利したのに悲しそうな表情をしていました( ノД`) 胸が痛みます。

Jimmyは兄のChuckを尊敬し愛していたんですよね。でもChuckはJimmyを常に見下していました。
そんな弟がよりにもよって弁護士になり自分と同じ土俵に立つなんて許せない訳です。
しかもJimmyは皆に好かれるときている...。そりゃ嫉妬の炎でメラメラになりますって。

私はずっとChuckにイライラしっぱなしで、入院でもなんでもいいから退場してくれ~って思って見ていました。
しかしChuckの言っていることは正しいと、視聴者には分かるだけに、ここまで追い詰められてちょっと可哀そう..と思えてくる不思議な感覚。はぁ~Vince Gilliganの作品、奥深くていいわー(^^)


【気に入ったセリフ】
"He has a way of doing the worst things, for reasons that sound almost noble"
これJimmyの性格を端的に表していると思います。
nobleな理由の為に行動しているように見えるので、私達は彼がworst thingsをしていても知らないうちに応援をしてしまうという..。
そこがChuckが逆立ちしても敵わないJimmyの魅力なんですよねー。

“The bigger the lie, the harder it can be to dig out.”
関連記事

kaede

ご訪問ありがとうございます。

主婦が脳トレの一環として備忘録的に綴っています。

こだわりは、リスニング力向上と没入感重視の為、極力字幕なしでドラマを見ること。とは言っても大体60-80%くらいの理解度(-_-;)
製作者の方ごめんなさーいと心の中で謝りつつ今日も視聴中(^^)

不明点は、reviewを語っているPodcast、海外掲示板の情報で補っています。

拍手をして下さる方へ・・心から感謝しています。どなたか分からない為、お一人お一人にお礼が言えず心苦しいのですが、大変励みになります。