Better Call Saul (ベター・コール・ソウル)シーズン3 第5話 まやかし

Better Call Saul S3
05 /09 2017
slow-burn ドラマと長い間言われていましたが、今回のような神回の為にずっとbuild upされていたのですねー。兄弟の確執はもはや文学作品の極みまで達しているように感じました。

【ネタバレ感想】
電気代を滞納している家とChuckの家の住所の数字
それぞれ512番と215番。Chuckは嘘をついて滞納者のせいで電気が落ちたとRebeccaに説明。
ChuckのしたことってJimmyの銀行の支店の住所書き替えとそっくり。
っていうかJimmyのアイデアはここから来ている?
RebeccaについたChuckの嘘が回り回って、最終的にChuck自身を破滅に導くという素晴らしい脚本に唸ります。
your actions have consequencesと言ったChuckの言葉通りです。

ラストのモノローグが素晴らしい
Michael McKean、エミー賞いけちゃうんじゃないかしら?
狂ったように話し出してからChuckが我に返る→皆がショックを受けてシーン→最後のEXITサインのシークエンスが最高です。
Chuckのキャリアの終わりを感じさせる赤いランプがじぃーとパーフェクトにドラマを締めくくってますね。

Huellがここで登場とは!
リシン入りタバコ、マリファナを抜いたり、バッテリーを入れたりとプロの仕事♪
have a light touch 手際が良い、手先が器用である という熟語を学びました。
獣医のYou gotta fit him in a tight space?という質問でHuellの出番と、勘のいい視聴者は気付いたそう。

肺がん(lung cancer)という単語がさりげなく出てくる(笑)
"if you'd had, um I don't know lung cancer, would you have told Rebecca then?"
BBファンサービスが嬉しい(^^)

弟を陥れるために病気を利用して芝居した兄 VS 兄の病気を心から心配し自分がやったと嘘をつく弟
この決着はもうつきましたね。住所の番地改ざんもChuckの妄想と皆が思うでしょう。
Jimmyは勝利したのに悲しそうな表情をしていました( ノД`) 胸が痛みます。

Jimmyは兄のChuckを尊敬し愛していたんですよね。でもChuckはJimmyを常に見下していました。
そんな弟がよりにもよって弁護士になり自分と同じ土俵に立つなんて許せない訳です。
しかもJimmyは皆に好かれるときている...。そりゃ嫉妬の炎でメラメラになりますって。

私はずっとChuckにイライラしっぱなしで、入院でもなんでもいいから退場してくれ~って思って見ていました。
しかしChuckの言っていることは正しいと、視聴者には分かるだけに、ここまで追い詰められてちょっと可哀そう..と思えてくる不思議な感覚。はぁ~Vince Gilliganの作品、奥深くていいわー(^^)


【気に入ったセリフ】
"He has a way of doing the worst things, for reasons that sound almost noble"
これJimmyの性格を端的に表していると思います。
nobleな理由の為に行動しているように見えるので、私達は彼がworst thingsをしていても知らないうちに応援をしてしまうという..。
そこがChuckが逆立ちしても敵わないJimmyの魅力なんですよねー。

“The bigger the lie, the harder it can be to dig out.”
関連記事

kaede

ご訪問ありがとうございます。

主婦が脳トレの一環として備忘録的に綴っています。

こだわりは、リスニング力向上と没入感重視の為、極力字幕なしでドラマを見ること。とは言っても大体60-80%くらいの理解度(-_-;)
製作者の方ごめんなさーいと心の中で謝りつつ今日も視聴中(^^)

不明点は、reviewを語っているPodcast、海外掲示板の情報で補っています。

拍手をして下さる方へ・・心から感謝しています。どなたか分からない為、お一人お一人にお礼が言えず心苦しいのですが、大変励みになります。